探偵が浮気の証拠を掴む

探偵が証拠を掴む瞬間

調査を確実にする方法

探偵の調査で、如何に情報、調査についてのプロである探偵でも存在しない情報を解決、証拠を掴むのは不可能といえるでしょう。
なにせ調査するための情報がはじめから存在していないのに調査をして情報を集めろといわれても無理があります。

 

探偵事務所へ来る依頼人が持ってくる依頼には、依頼人の憶測で依頼を出す人もいます。これが迷惑とは探偵は思いませんが、依頼人の憶測であるわけですから、最終的に情報が正確なのか判断してもらうには困難です。そこで注目されるようになった依頼方法が、成功報酬制度です。

 

一部の探偵事務所ではこの成功報酬制度が実際に利用されており、依頼人や探偵からも満足が出来る依頼方法であることは間違いありません。
この成功報酬制度ですが、依頼人が最初提示する調査依頼に対して、依頼人と探偵側双方の意見をまとめ、成功条件が設定されます。調査後、調査結果がその条件をクリアしていれば、調査が成功したと判断され、成功報酬を受け取ることができるのです。

 

これは探偵側にも、そして依頼主側にもメリットのある料金制度です。
もしも依頼人が「パートナーの浮気現場を抑えて欲しい!!」といってきた場合、成功条件に加えて、調査期間を条件設定しておくことで、期間以内に浮気現場をとらえることができなければ、浮気の調査は失敗とみなされ、調査料金を支払う必要が無く、ずるずると証拠取得ができるまで調査が長期化することがありません。

 

探偵側としては、失敗すれば成功報酬分0円というリスクを負うわけですから、当然通常の料金設定よりも高めに料金設定をしています。成功すれば、通常の調査よりも利益率が高くメリットもある設定です。調査力があれば失敗の確率が少ないわけですから、探偵にもうま味はあるわけです。


ホーム サイトマップ